トップへ » 治療ポリシー » お子様の矯正治療について

子供の矯正について

小児矯正治療が成人の矯正治療と異なる点は、あごの骨格から治療ができることです。小児期は成人に比べてあごの骨が柔らかいため、上あごと下あごの骨格のバランスを整えたり、歯がまっすぐ並ぶように顎骨の幅を広げることができるのです。

子供の矯正治療

また、できるだけ早い時期に噛み合わせの異常を改善することで、悪影響を最小限に留めることができますし、永久歯が生えてくる段階で、新しい歯が自然にきれいに並ぶように誘導することも可能です。

子供の矯正歯科治療はいつ頃から始めればいいですか?

小児矯正治療は、永久歯が生え揃うまでの段階で行う「第1期治療」と、永久歯が生え揃ってから行う「第2期治療」の2段階に分かれます。特に第1期治療では、歯の生え変わりとの関係で適切な時期に治療を行うことが重要になります。

6歳から7歳頃に一度相談に行くことをオススメしています

子供の矯正治療永久歯がきれいに並ぶスペースがない場合、歯はゆがんだ位置に生えてきてしまいます。ですが、このようなことが予測される場合には、歯が生えてくる前にあごのスペースを広げる治療をすることで、自然にきれいに並んで生えてくる場合が多くなります。

また、奥歯の噛み合わせの異常は一見気付きにくいのですが、成長期に骨格のゆがみの原因となりますので、早期の治療が望まれます。

以上のようなことから、一般的には、7歳から8歳頃に一度相談に行かれ、適切な時期を判断してもらうことをお勧めしています。

「最適な治療開始時期」も一定ではないのです

ただし、早い時期にしかできない治療があったり、後で行うことで治療が非常に困難となってしまうケースもあれば、逆に、できるだけ早い時期に治療を行うことで、良い結果が得られるケースもあります。

歯並びが悪くなる原因や状態、程度が個人によって全く異なるだけに、「最適な治療開始時期」も一定ではないのです。

まずは検診のつもりで、早めに一度矯正相談にいらしてください

ですので、今すぐ治療をスタートするか否かは別にして、まずは検診のつもりで、早めに一度矯正相談にいらしてください。そうすることで、治療の程度や期間を最短&最小限にするためのご提案やアドバイスをさせていただけると思います。当院では無料で矯正相談を行なっておりますで、ぜひお気軽にお越しください。

当院の小児矯正で使用する装置【取り外し式の床矯正】

お子様の矯正には、取り外し式の床矯正という装置を使用します。これは、これから生えてくる歯がきれいに並ぶスペースを確保するため、あごの拡大を主な目的とする治療方法です。

主に小学生くらいの時期に有効な治療方法で、プレートを装着し、あごを拡げて歯が並ぶための充分なスペースを作ります。これにより健康な歯を抜かずに矯正がしやすくなるのです。

具体的には、矯正装置を装着し、装置の真ん中のネジを回すことであごを拡げていきます。痛みがないように少しずつ拡げて歯を動かしますので、ご安心ください。

<床矯正のメリット>
・幼い子どもでも予備治療ができる(目安:5才以上)
・取り外しが可能なので、装置を外してケアができる
・子どもの正しい成長を促すので、大人になってから初めて矯正するよりも効果的

<床矯正のデメリット>
・しゃべりづらくなる
・装置を外してしまうと効果が出ない
・異物感や、違和感を覚えることがある

関連ページリンク

治療ポリシー
コンシェルジュ予防歯科見えにくい矯正装置とは?治療の期間・流れって?
費用の話痛みの少ない治療って? お子様の矯正治療について抜歯についての話
症例集患者さまの声 よくある質問

サロンメニュー
ホワイトニングクリーニング口元エステ予防メニュー

院長あいさつ
院内ツアースタッフ紹介アクセス・診療時間プライバシーポリシー

無料カウンセリング実施中。ぜひお気軽にご相談ください

問い合わせフォーム

トップへ » 治療ポリシー » お子様の矯正治療について


24時間WEB予約

PAGE TOP