トップへ » 院長あいさつ » 歯医者になった理由

歯医者になった理由

院長あいさつ高校3年生の時に大学選びで悩んだ際、将来はサラリーマンではなく、独立できる仕事をしたいと思ったことが第一のきっかけでした。独立のためには資格を...とアレコレ考える内に、歯医者という仕事に思い至ったのです。

身内に医者や歯医者がいたわけではありませんでしたので、今思えば、自分自身の歯並びが悪かったことが、歯科医という職業の、中でも「矯正」に興味を持った理由だったのかも知れません。

大学では矯正を専攻し、そこで実際に矯正も受けました。仕事としては「面白そうだ」と思いましたが、自分で矯正を受けてみて分かったことは、当時の矯正治療は痛かったということと、矯正中も器具や歯間にモノが詰まりやすかったということです。

自分でも治療を受けた経験があるからこそ、できる治療

今では矯正器具の改良が進み、僕が矯正を受けた当時ほどの痛みや不快感はなく、もっと快適にキレイな歯並びを実現できます。ですが、初めて矯正を受ける患者さまは皆さん、不安感やマイナスイメージを持たれているのではないかと思います。

僕は、自分でも治療を受けた経験があるだけに、患者さまが持っているであろう不安感やマイナスイメージも汲み取れますので、ご心配な点はどんどんご相談ください。僕自身の経験も踏まえた上で、適切な説明やアドバイスをさせていただけると思います。


トップへ » 院長あいさつ » 歯医者になった理由


24時間WEB予約

PAGE TOP