トップへ » 治療ポリシー » お子様の矯正治療について » 子供の矯正歯科治療はいつ頃から始めればいいですか?

子供の矯正歯科治療はいつ頃から始めればいいですか?

小児矯正治療は、永久歯が生え揃うまでの段階で行う「第1期治療」と、永久歯が生え揃ってから行う「第2期治療」の2段階に分かれます。特に第1期治療では、歯の生え変わりとの関係で適切な時期に治療を行うことが重要になります。

6歳から7歳頃に一度相談に行くことをオススメしています

子供の矯正治療永久歯がきれいに並ぶスペースがない場合、歯はゆがんだ位置に生えてきてしまいます。ですが、このようなことが予測される場合には、歯が生えてくる前にあごのスペースを広げる治療をすることで、自然にきれいに並んで生えてくる場合が多くなります。

また、奥歯の噛み合わせの異常は一見気付きにくいのですが、成長期に骨格のゆがみの原因となりますので、早期の治療が望まれます。

以上のようなことから、一般的には、7歳から8歳頃に一度相談に行かれ、適切な時期を判断してもらうことをお勧めしています。

「最適な治療開始時期」も一定ではないのです

ただし、早い時期にしかできない治療があったり、後で行うことで治療が非常に困難となってしまうケースもあれば、逆に、できるだけ早い時期に治療を行うことで、良い結果が得られるケースもあります。

歯並びが悪くなる原因や状態、程度が個人によって全く異なるだけに、「最適な治療開始時期」も一定ではないのです。

まずは検診のつもりで、早めに一度矯正相談にいらしてください

ですので、今すぐ治療をスタートするか否かは別にして、まずは検診のつもりで、早めに一度矯正相談にいらしてください。そうすることで、治療の程度や期間を最短&最小限にするためのご提案やアドバイスをさせていただけると思います。当院では無料で矯正相談を行なっておりますで、ぜひお気軽にお越しください。


トップへ » 治療ポリシー » お子様の矯正治療について » 子供の矯正歯科治療はいつ頃から始めればいいですか?


24時間WEB予約

PAGE TOP