トップへ » 治療ポリシー » 見えにくい矯正装置とは? » 【舌側矯正・裏側矯正】目立ちにくい装置・裏側装置をご用意

【舌側矯正・裏側矯正】目立ちにくい装置・裏側装置をご用意

舌側矯正・裏側矯正舌側(ぜっそく)・裏側矯正とは、"リンガルブラケット"と呼ばれる装置を歯の裏側から装着して治療する方法です。金具が表に見えませんので、他人に気付かれずに治療できます。

【舌側矯正・裏側矯正のメリット】
●周囲の人に気付かれにくい
●幅広い年齢層の方が装着できる
●普通の矯正装置とほぼ同じ結果が得られる

最新の舌側(裏側)装置"クリッピーL"を採用

リンガルブラケットシステムに用いる装置には、いくつかの種類がありますが、医師による操作性が格段によく、患者さまにとっても負担が軽くて済むことから、当院ではトミー社の「クリッピーL」を採用しています。

当院の舌側矯正の特長

舌側矯正・裏側矯正「クリッピーL」は、これまで主流だった裏側矯正治療用の装置に比べて、幅・厚みともに半分以下です。全体的に丸みを帯びた形状で、口内での異物感にも配慮されており、舌を歯の裏にあてて発音するサ行・タ行・ラ行などの発音にもほとんど支障がありません。

ワイヤーとの摩擦も少なく、歯のがたつきなども改善。従来よりスピーディーに歯を移動させることができるため、治療期間も短縮できます。また、汚れや歯石が溜まりにくく、普通の歯ブラシによるお手入れで清潔に保てます。

<舌側矯正のメリット>
・外から矯正装置が見えないため、治療中も周囲の人にほとんど気づかれません。
・上下とも歯の裏側に装置を付けるため、口元に厚みが出て外見が変化する心配もありません。
・マウスピース装置と比べて確実に歯を移動させることができます。
・見た目が気にならない分、ストレスも溜まりにくく、普段と変わりなく生活できます。
・矯正治療しながらホワイトニングもできます。

<舌側矯正のデメリット>
・個人差はありますが、発音や口内の違和感などに慣れるまで時間がかかる場合があります。
・表側矯正に比べると、多少の時間と料金がかかります。


トップへ » 治療ポリシー » 見えにくい矯正装置とは? » 【舌側矯正・裏側矯正】目立ちにくい装置・裏側装置をご用意


24時間WEB予約

PAGE TOP