トップへ » 治療ポリシー » 症例集 » 開咬(前歯が噛めない状態)

開咬(前歯が噛めない状態)

開咬(前歯が噛めない状態)治療前
初診時15歳の女子で、食事の際噛み辛い事と八重歯を気にして来院されました。開咬と叢生があり、上下とも歯列の横幅が狭い状態でした。

next
開咬(前歯が噛めない状態)治療後
上下とも、固定式の側方拡大装置で、歯列の幅を広げたのち、上顎両側第1小臼歯と下顎両側第2小臼歯を抜歯し、クリアブラケットとホワイトワイヤーにて配列しました。
歯列を拡大した後に抜歯をする計画と致しましたので、期間は長くかかりましたが、良好な結果を得る事が出来ました。

【治療期間】4年3か月 【通院回数】42回 【費用】880,000円


トップへ » 治療ポリシー » 症例集 » 開咬(前歯が噛めない状態)


24時間WEB予約

PAGE TOP