トップへ » 治療ポリシー » 痛みの少ない治療って? » 弱い力で、痛みの少ない治療を

弱い力で、痛みの少ない治療を

歯科矯正の経験者から聞いたことやイメージが先行していて、「歯の矯正には痛みが伴う」という印象を強くお持ちではないですか? 確かに、矯正治療中は、痛みがまったくないとはいえませんが、想像されているほど強い痛みではありません。

痛みの少ない治療

痛みの原因は、「歯根膜(しこんまく)」に生じる炎症

痛みの原因の多くは、「歯根膜(しこんまく)」とよばれる歯の根っこ部分に生じる炎症です。歯根膜とは、歯を支えている組織のこと。装置を使って歯を動かすときの圧力が強すぎると、歯根膜に締め付けられるような痛みを伴う場合があります。

痛みは数日から1週間程度で消失します

ですが、この痛みは数日から1週間程度で消失しますし、当院では、極めて弱い力で歯を動かすことによって炎症の度合いを抑える治療を行っています。そのため、あまり痛みを感じることなく治療を終える患者さまもたくさんいらっしゃいます。

やわらかいワイヤーを使用

痛みが出にくいといわれる"超弾性ワイヤー(NiTi製形状記憶合金)"の使用も、歯根膜への圧力を軽減する方法のひとつです。このワイヤーは、ゴムのように「しなる」特徴があるので、弱い力で優しく歯を動かすことができるのです。

デーモンクリア【デーモンクリア】痛みの出にくい装置1

この「デーモン」という矯正装置は、「弱くて持続的な矯正力で歯を効率的に動かす」ことができる画期的な矯正装置です。実際、装置とワイヤーの間にかかる摩擦力が従来のものに比べて600分の1に軽減されていると言われています。

そのため、痛みが少なく、従来の矯正装置に比べて快適です。この「デーモンクリア」は「デーモンシステム」を用いた見えにくい装置です。

その他にも、

●治療期間が短縮される
●非抜歯治療の可能性が高まる

といったメリットがある画期的な装置です。

クリッピーL【クリッピーL】痛みの出にくい装置2

従来のブラケットより歯が早く動き、痛みも少ないといわれています。クリッピーLは、歯をひっぱるワイヤーと歯に固定するブラケットとの間に摩擦が発生にくく、弱い力をかけ続けられる画期的な装置です。

<クリッピーの特徴>
・摩擦が少ないので弱い力で歯が動かせる
・セルフライゲーションブラケット(可撤式)なので、毎回の調節時間が短縮できる
・治療期間が短縮し、治療中の痛みが軽減


トップへ » 治療ポリシー » 痛みの少ない治療って? » 弱い力で、痛みの少ない治療を


24時間WEB予約

PAGE TOP